鈑金工場専用ホームページについて

 

目次

「あなたに修理してもらいたいと思い、相談に来ました」

と、言われるお客さんを増やします

 

 

 

鈑金修理工場のためのホームページ集客法

鈑金修理工場が、
インターネットを活用して
鈑金入庫を月10台増やした秘密を公開します

 

 

 

 


中小の鈑金工場が
地域一番店になるための秘訣とは?

板金塗装工場専門のホームページを作成

こんにちは。
全国の中古車販売店や整備工場、SS、鈑金修理工場の集客を支援している、有限会社デジタル・コンバージェンスの関谷です。これからあなたに、鈑金修理工場がインターネットを活用して集客を成功させている秘密を公開します。

鈑金入庫を増やしたい」とお考えの方は、今すぐこの手紙を読んでみて下さい。 きっと、あなたの鈑金工場の集客活動に劇的な変化をもたらすはずです。

 

少し長い手紙ですが、あなたの鈑金塗装工場の成長のターニングポイントになる手紙となるはずです。ですので、あとで後悔しないように、元請け先への納車は後回しにして、 今すぐすべての仕事を中断して、この手紙を読み進めることをおすすめいたします。

 

下請けから脱したい
個人のお客さんを増やしたい
10年続く鈑金修理工場を作りたい

鈑金工場がホームページを活用して集客する方法を教えます

 


 

元請けから切られたらと思うと不安、
鈑金塗装職人が高齢化している、
元請けさんが修理を内製化してしまった、

など、鈑金修理工場の経営者は、色々な悩みがあると思います。
あなたの鈑金工場では、どんな悩みがありますか?

色々な悩みがあると思いますが、どの鈑金工場経営者に共通している一番の悩みは、「鈑金入庫が減少している」という、売上減少や入庫台数の減少に悩んでいる経営者が多いと思います。つまり「集客」の問題です。「鈑金修理のお客さんをどう増やせば良いのか?」という、集客の問題について、不安を抱えているのではないでしょうか。

 

 

「もう、おたくには修理出せないから」

板金塗装工場の集客一昔前、ディーラーや自動車会社は、顧客から鈑金修理依頼を請け負うと、鈑金修理工場へ下請けに出してくれました。ところが近年は、ディーラーは鈑金修理を内製化して、仕事を外に出してくれません。

ちなみに、僕が以前勤めていたディーラーでは、とっくの昔に鈑金修理は内製化して、下請けに出すことはなくなっています。(結果、数社の鈑金工場が半年持たずに廃業しました。)

 

少子高齢化、衝突回避システムの技術向上、ディーラーの内製化など、鈑金塗装工場に対する風当たりは強く、今後も入庫台数は減少し続けることでしょう。

ある日、元請け先に「来月からは、おたくには鈑金修理出せないんだ」と言われるかもしれません。そのとき、あなたはどうしますか?

 

 

鈑金工場が直接選ばれる時代

鈑金工場の修理先いま、僕の手元に、一般ユーザーの鈑金入庫に関するアンケートがあります。
(出典:ボデーショップレポート2017年2月号より)

このアンケートによると、クルマを傷つけたときや事故を起こした際、ユーザーは「まずは買ったところに持っていく。」と考えている人が多い。ということが書かれています。クルマを購入した販売店に鈑金工場が有るか無いかにかかわらず、クルマをブツケたときは「まずはクルマを買ったところに相談に行く」というのが、多くのお客さんの思考なのだそうです。

 

だから私たちは、いつも元請け先に頭を下げ、レス率を同業者と競い合い、値下げ圧力に苦しめられながら、仕事を頂くことしか選択肢がありませんでした。

ところが、いま、この流れが大きく変わろうとしています。

それが、インターネットとスマートフォンなのです。

 

 

 

 

お客さんはスマホで
鈑金工場を直接探しています

突然ですが、あなたに質問です。

「スーパー」と「市場(いちば)」なら、どちらに買いに行きたいですか?

仮に、あなたが「本マグロ」を買いたいとして、地元のスーパーと築地市場、どちらに買いに行きたいと思いますか?なんとなく、スーパーより築地市場の方が、新鮮な本マグロが安く手に入りそうだと思いませんか?実際、このように考えるお客さんは多く、築地市場を始めとして、全国津々浦々に存在する市場や漁港の食堂には多くのお客さんが訪れますし、「産直市」も大勢のお客さんで賑わっています。

このような「製造直売モデル」は、コンセプトが明確で受け入れられやすく、流行る要因なのです。「製造元から直接買えば、安くて間違いないものが手に入る。」という顧客心理です。

カンの良いあなたであれば、もうお気づきだと思いますが、鈑金修理専門工場は、この「製造直売モデル」をそのまま真似することができるのです。

 

 

鈑金工場は
製造直売モデルを再現することができる

鈑金工場の集客とは「鈑金工場に直接お願いすれば良いじゃん」とスマホ検索するお客さんが増えている、という事実

現在、多くの人がスマートフォンから調べ物をするようになっています。実はいま、ホームページへのアクセスは、黙っていても半分以上がスマートフォンからのアクセスによるものです。私たちが自動車販売店や鈑金修理工場のインターネットマーケティングを正しく行うと、大都市も地方都市も関係なく、スマートフォンからのアクセスが8割前後にまで上昇します。

 

美味しい本マグロや野菜を買うとき、市場や産直市で直接買ったら安くて新鮮なんじゃないかと考えるように、クルマを傷つけたお客さんも、購入したディーラーへ持っていこうと行動する前に、安く修理する方法は無いか?とスマートフォンで「お住いの地域 + 鈑金工場」などと、検索するようになってきているということなのです。

 

つまり、これからは、スマートフォンで正しく見えるホームページを構築して「ホームページ見ました。あなたの考えに共感しました。あなたのところで修理をお願いしたいです!」といってもらえるような集客活動をすることが、鈑金入庫率のアップにつながるということなのです。

 

先ほど鈑金入庫に関するアンケートを紹介しましたが、鈑金修理を検討しているお客さんのうち、約11%しか鈑金工場に直接入庫していないのです。では・・・もし22%のお客さんが鈑金工場で直接クルマの修理を行なうようになったとしたら?個人客の入庫が2倍になるわけです。そのためのキーワードが「ホームページからの直接集客」なのです。

つまりあなたのライバルは、近所の同業者ではなく、大多数の89%を占めるディーラーや自動車販売店だということです。この89%のお客さんを少し動かすだけで、あなたの鈑金工場の入庫台数は劇的に増える可能性があるというわけなのです。そう考えると、鈑金修理工場の入庫台数はまだ拡大する余地がある。と、いうことに気づいて頂けるのではないでしょうか。

 

 

インターネットを活用して
鈑金修理のお客さんを獲得する方法とは?

クルマをブツケてしまった・・
安く直したい!
早く直したい!
キレイに直したい!

これらは、クルマを修理したい人に共通する悩みです。

 

この悩み・・
(お客さんはディーラーに行かなくても)あなたのところで解決できますよね?

 

お客さんに「この鈑金修理工場なら、クルマを買ったディーラーに行かなくても、修理相談にのってくれそう。」と思ってもらえるホームページを開設して、直接お客さんの修理相談に応じてあげて欲しいのです。

あなたの地域のお客さんは、鈑金修理工場をスマートフォンで検索して調べています。そのとき、他店とは違う、スマートフォンに特化された集客できるホームページがあり、鈑金工場の特色がよく伝わり、高い技術力とあなたの人柄がよくわかり、見積もり相談や来店相談がしやすい機能が備わっているホームページがあれば、お客さんからあなたのもとに鈑金修理相談が入ってくるのです。

工場の規模も古い新しいも関係ありません。あなたが普段やっている実直な仕事ぶりを正しく伝えられていれば、お客さんはあなたの理念や鈑金塗装にかける想いに共感するはずです。あとはあなたが、お客さんの修理相談に親身になって回答してあげれば、おのずと結果はついてくるものなのです。

 

 


 

実際にホームページを活用して成功している鈑金修理工場があるので
あなたに紹介したいと思います

そんな実績のある鈑金修理工場が活用しているホームページを紹介する前に・・・
私について少しお話させていただたいと思います。

私は、インターネットで中古車のインターネット販売ノウハウや整備工場の集客ノウハウ等の提供を行っています。定期的に発行しているメールマガジンの読者は全国に700名以上。インターネットを通じて、たくさんの中古車販売店や整備工場、鈑金修理工場経営者の相談に応じてきました。

 

 

中古車販売店・整備工場・鈑金塗装工場・
ガソリンスタンドなど自動車を専門にホームページを作っています

鈑金工場のホームページ制作

 

国内自動車ディーラーでメカニックからアドバイザー業務等を経験。ディーラーでは鈑金見積もりが得意で、毎月多くの鈑金見積もりを実施、地域の鈑金修理工場に仕事を出してきました。その後、IT関連会社でインターネットマーケティング全般の知識を身に付け、自らインターネットを使った中古車インターネット販売ビジネスを成功させる。 「中古車販売にストーリー(物語)を!」をテーマに、従来の中古車販売の基準である「年式・距離・グレードや価格」だけにこだわらず、クルマとお店の価値を創造し販売する手法を確立。また、今までの経験をメールマガジンやウェブサイトで無料公開している。メルマガ読者のファンから「わかりやすくてためになる!」と好評。全国の中古車販売店や整備事業者からアドバイスを求められている。

 

現在、全国数十店舗の自動車会社へ「中古車販売店向けの中古車販売サイト」・「自動車整備工場向けの車検整備予約サイト」・「レンタカー事業者向けのレンタカー受付サイト」など、中古車販売店や整備工場向けのウェブサイト運営を手掛ける。どのサービスもコストをかけずに効率的なインターネット販売ができると高い評価を得ている。提携先の中古車販売店や整備工場には徹底的なフォローを行うことを信条とし、全国各地のお店で実践的な販売戦略や集客戦略立案の構築、実行までのアドバイスを行う。インターネット販売をどのように進めていけば良いのか不安な店舗経営者の心強いパートナーとなっている。

 

 

 

中古車販売店・未使用車販売店・サブディーラー
副代理店などのウェブマーケティングをサポート

北海道から鹿児島まで、全国に数十社の自動車販売店のホームページを運営、インターネット販売をサポートしています。そのほか、在庫台数100台の軽自動車販売店や、在庫数500台を超える大規模軽未使用車販売店、ダイハツショップやスズキアリーナなどのディーラー店まで、自動車会社のホームページを運営・インターネット販売ノウハウを提供しています。

中古車販売店のホームページ

多くの中古車販売店のホームページを運営しています

未使用車販売店のホームページ制作

いくつもの大規模未使用車販売店も顧客に持っています

スズキアリーナのホームページを制作

スズキアリーナのホームページも運営しています

ダイハツショップのホームページを制作

ダイハツショップのマーケティングをサポートしています

 

 

セミナーを開催しています

私たちが行なっているインターネット販売のノウハウを、セミナーや勉強会という形で定期的に公開しています。損保会社さんから講演依頼を頂いたり、JUやロータス同友会さまなどからも講師で招かれています。講演やセミナーの様子は日刊自動車新聞などでも取り上げて頂いています。

JUさんでインターネット販売の成功セミナーを行ないました

ロータス北陸さまに招かれ基調講演を行ないました

あいおいニッセイ同和損保さま主催のセミナーに登壇

この日は損保ジャパンさまでセミナーです。整備工場さんや鈑金工場経営者様にテクニックを公開しました

日刊自動車新聞

セミナーの様子は日刊自動車新聞等でも取り上げられています

中古車販売店向けの勉強会

クライアントだけが受けられる自動車販売店向けのセールスレター作成道場のアンケートの様子

板金工場向けのホームページ

我々のサポートを受けている中古車販売店や整備工場さんは、インターネットを活用して確実に利益を上げています。無理して急激な拡大を図るわけではありませんが、何年もかけて、インターネットを使った販売方法を学び、今では安定した顧客増加を手に入れることができたお店が増えています。

今日は、そのうち大阪の鈑金修理工場の実際の声を紹介します。このお店が使っているのは、私達が提供している鈑金修理専門のホームページです。ホームページと言っても、あなたが夜なべをして作った素人っぽいホームページでもなければ、何百万もかけた格好良いだけの見栄えの良いホームページでもありません。そのホームページとは、この手紙に実名でメッセージを寄せてくれた、実際に成功している鈑金修理工場が利用している、集客効果の証明されたホームページです。

 


 

 

鈑金修理工場専用の
ホームページをあなたに提供します

鈑金塗装工場のホームページ制作

コストを掛けずに集客したい
下請け作業から脱したい
個人のお客さんを増やしたい
修理台数を増やしたい
ホームページをどこに頼んだら良いのかわからない
集客のアドバイスが欲しい
あと5台、あと10台、入庫を増やしたい

そんなあなたの鈑金工場の集客の悩みを私が解決します。

 

 

 


 

インターネットを活用して
地域のお客さんを集めませんか?

 

実績のある
鈑金修理工場専門のホームページを提供します

私たちが、鈑金修理のお客さんを集めることに特化した実績のあるホームページを提供します。

 

鈑金工場スマホページ制作スマートフォンに最適化したデザインで見やすいホームページ
今は、パソコンで調べる人よりスマホで調べるユーザーが圧倒的です。実際、問い合わせ内容を見ても、9割以上がスマートフォンから相談が寄せられています。私達の提供しているホームページはもちろんスマホに最適化されています。

 

 

 

板金修理工場のホームページコンテンツはあなたに合わせてフルカスタマイズ
格安鈑金を得意としている工場や、頑固おやじが1人でやっている鈑金工場、高級車だけを扱っている工場など、特色が違います。あなたの工場の特徴に合わせてページのコンテンツはイチから考えます。

 

 

 

板金修理工場のホームページ

問い合わせしやすい2つの予約機能
お客さんがお問い合わせしやすい2つの機能「ウェブ見積もり機能」と「来店予約機能」で、問い合わせを誘導します。この機能のおかげで多くの申し込みが入ります。実績のある予約機能を搭載しています。

 

 

 

板金修理工場のホームページコンセプト!コンセプト!コンセプト!
私たちは、10年以上に渡り自動車販売店や整備工場のホームページ制作に関わってきました。その際、最も大事にしていることは、あなたの想いをどうやってホームページに表現するか?ということです。私みずからが、あなたの元に伺い、一緒になってあなたの鈑金工場の特徴を考えます。

 

 

 

ホームページ公開後が本番です
一般的なホームページ制作会社は、ホームページを作って公開することが仕事ですが、私達は違います。ホームページ公開後からが本領発揮。継続的に集客のアドバイスを行ないます。一緒に集客活動を行ないましょう。

 

コストも低廉です
月に1台でも入庫があればペイする料金体系。導入も大きな金額がかからず導入できます。

 

私達デジタル・コンバージェンスは、自動車会社に特化したホームページ制作会社です。全国の中古車販売店や整備工場、ディーラーやサブディーラーなどのインターネット集客をサポートしています。実績のある私達が、あなたの鈑金工場のホームページを、あなたと一緒になって作り上げ、鈑金集客を増やすお手伝いを行ないます。

 

実績のある鈑金修理専門のホームページをあなたに提供。鈑金集客をお手伝いします。

 

 

 

 


 

 

「今どき10万円も出せば
ホームページなんてできるよ」

ホームページを持ってすでに鈑金集客をしているあなたから、こんな声も聞こえてきそうです。 確かに、数万円でできるホームページがあるのは事実です。しかし、そのホームページには、決定的な要素が抜け落ちています。 それは「あなたのお店の紹介文章は、あなた自身でゼロから全て考えなければならない」ということです。

ホームページで何を差し置いても一番大事な要素は、「あなたは何者なのか?」ということを、正しい順番で伝える文章力です。言うならば、作文力みたいなもの。「あなたのお店について、何を、どのような順番で伝えるのか?」この文章構成力こそが、一番のポイントです。安いホームページ制作は、例外無く、ほぼ100%この行程を省きます。

 

断言できます
安いホームページ制作会社は、あなたのお店の特徴はどこか?何が売りなのか?それをどのように表現すれば良いのか?について、来店して相談にのってくれたり、成功事例を見せて教えてくれたり、ホームページ公開後に集客のアドバイスをしてくれることはありません。 あなたは、誰の助けも借りずにホームページの文章を考え、レイアウトを行ない、集客の方法を考えなければなりません。

できますか?

 

 

ホームページ制作費用が
高いのはしょうがない

そんなわけで、手厚いサポートを受けられるホームページ制作というものは、例外無く高いものなのです。本来、WEBデザインにはものすごく時間がかかります。簡単に見えるデザインであっても、そのデザインにするためには、デザイナーが何時間もパソコンと格闘して作り上げられます。デザインが終わると、今度は、コーディングスタッフという専門の人が、デザイナーが考えたデザインを形にします。それが終わると次は・・・・

もうこれ以上は複雑なので割愛しますが、ホームページが出来上がるまでには、とにかく多くの時間と複雑な工程、そして各部門の専門家の労力がかかるのが普通です。なんだか鈑金塗装と同じですね。

 

 

「しょうがない・・自分で作るか」

で・・1万円位のホームページ制作ソフトを買ってきて、夜な夜な何十時間もかけてパソコンと格闘自分のお店のホームページを作ったり、とりあえず地元の友人知人にお願いしてホームページを作ったり、今流行りの自分で作れる無料サービスを使ってみたり。

・・で、できたホームページの出来映えはいかがでしたか?プロが作ったホームページの出来映えと比べて、あなたがお客さんなら、どちらの鈑金工場に相談したくなるでしょうか?全国の鈑金修理工場のホームページを見ていると「手作り感満載」のホームページがいまでもたくさん存在します。お客さんが見ても、そう思うのではないでしょうか?「なんともったいない!」というのが私の感想です。

 

たかがホームページ、
されどホームページ

ホームページで大事なことは「お客さまに信頼を与えること」です。決して、カッコイイホームページを作ることでもなく、同業者に自慢できるデザインのホームページを作ることでもありません。大事なことは「信頼感」です。インターネット中にプロが作ったホームページが氾濫しているなか、素人感まる出しのホームページで戦うのですか? 例えて言うなら、お客さんから預かった大切なクルマの塗装修理を、缶スプレーで行うようなものです。そんな仕上げでお客さんから信頼されますか?

 

「じゃあ、どうすれば良いのよ」

やはり、高額なホームページ制作会社に依頼するのが良いのでしょうか?

 

 


 

実は、これらの問題を一気に解決する方法があります
それが私たちが提供している鈑金工場専用のホームページです

実は、成果の出るホームページというのは、「型」が決まっています。どこにどんな文章を配置して、どのような予約機能を設ければ鈑金見積もり数の最大化が狙えるのか?私たちは知っています。今回、その「型」に当てはめ、成果の出ているホームページ構造はそのままに、あなたの鈑金塗装工場のホームページを構築します。
鈑金塗装工場のホームページ制作

 

 

我々が提供しているホームページの「型」はそこらの会社が作ったものとは違います。 すでに効果が出ている実績のあるデザインなのです。なぜ、このホームページを使った鈑金工場は、売上アップをすることができるのでしょうか。それは、このホームページの中に「あなたのお店が信頼される要素」と「お客さんから修理相談が得られる仕組み」が、すでに入っているからなのです。

鈑金工場の予約

 

板金修理工場のホームページ

鈑金塗装工場のホームページ製作

板金修理工場のホームページ

板金修理工場のホームページ

鈑金工場の集客

鈑金塗装のホームページ

板金修理工場のホームページ

板金修理工場のホームページ

 

 

 

どうですか?
興味が湧いてきませんか?

すでに成果が出ている鈑金修理工場専門のWEB予約システムを使ってみませんか?
この、実際に成果が出ている鈑金見積り予約や来店相談予約が入ってくる板金塗装会社専門のホームページを使って、あなたの工場集客アップをお手伝いいたします。もちろんホームページの中に書かれるコンテンツはお店ごとに内容を吟味してあなたと一緒に考えます。「鈑金工場って入りにくい」と考えている地域のお客さんに対して、あなたの鈑金工場の良さやメリットをしっかり伝え、24時間365日営業する、自動の集客方法を手に入れませんか?

 

 

 


 

価格について

長い文章をここまで読んでいただいたあなたは、
きっとまじめな鈑金修理工場経営者さまだとおもいます。

そんな勉強熱心なあなたなら、鈑金修理のことや集客のことなどまったくわからないデザイン会社の提案したホームページがどれだけ売り上げに結びつかないか、地元の知り合いにとりあえず頼んだり、自分で作ったホームページが、逆にお店の信頼性を失うことになってしまうのかについて、理解していただいているとおもいます。これからは、見た目に惑わされない本物のホームページを持つべきです。

ホームページ業者に自社サイトの構築を頼むと、まともな制作会社なら、最低50万円から費用がかかります。当然です。それだけ大変なのですから。さらに、システムの保守管理でそれなりの保守料金を請求されます。

私達の鈑金修理専門ホームページについても、何十万の費用とそれなりの月額費用を請求しても良いとおもっていますが、まずはみなさんにこのホームページを使って成果を出してもらうのが、私の願いであり、目的です。そのため、ホームページの作成費用と月々の管理費はできるだけ低廉にしています。ホームページを制作して公開するまでの費用は、小〜中破くらいの鈑金修理の金額と同じくらいです。さらに月額の管理費も、1〜2ヶ月にたった1台の鈑金修理が入庫すれば、費用を回収して利益が出るくらいの価格設定としています。

 

いいですか?
そのくらいの入庫台数があれば、このホームページを作るために掛かった費用は回収です。

 

 

 

初期費用

ホームページ制作料金は35万円
国産なら小〜中破、輸入車なら小破1台の入庫があれば、このホームページが完成します。ちなみに、この費用の中には、私があなたのお店に訪問して、写真を撮影して、あなたと一緒にどのようにお店の説明をするかについて、1日かけてサイトの構成をディスカッションする料金も含まれています。

東京近隣のお店は日帰りで済むこともありますし、遠方の方には1泊2日の出張も行います。その後は、あなたと議論して出来上がったサイトの構成とコンテンツ、画像などを、デザイナーとコーディングスタッフが仕上げてくれます。もちろんスマホ対応です。そしてさらに、そのページをデータベースエンジニアが、キズ・へこみのウェブ見積もり機能や来店予約機能システムに接続。そうしてあなたの鈑金工場のホームページは完成します。そんなこんなの一連の行程がすべてコミコミ35万円。胸を張って提示できる価格なのですがいかがですか?

 

 

サイト運用・保守(集客アドバイス)

ホームページがオープンした翌月からは、いよいよ本格的にホームページ運営のスタートです。月額2万円からの月額費用をお支払いただき、ホームページの維持管理や変更等を行ない、保守します。これらの費用は、サーバーの維持や管理の他に、一緒にサイトを運用して育てていくための費用です。そして一緒に集客方法を考え、ステップ・バイ・ステップで実行していきましょう。そんなサポートが含まれています。

 

 

 

 

実績のある鈑金工場専用のホームページ

ライバルに勝てるホームページを作って、地域の鈑金集客を強化しましょう。

 

鈑金塗装工場のホームページ制作

 

 

地域一番の効果の高いホームページが出来上がります
もちろんスマホ対応

この手紙をここまでお読みいただいた鈑金工場のみなさまだけに、このホームページを使って、お客さんを増やしていただきたいとおもいます。正直なところ、ここではこのホームページの魅力と私達のサポートの全貌について100%説明できたとはおもえませんが、あとは、実際にあなたが決断をして効果を試していただきたいとおもいます。

 

 

 

 


 

大事なことを忘れていました

実はこのホームページ、日本全国すべての鈑金修理工場に利用していただくことはできません。あなたが望んでもご利用頂けるとは限らないのです。

 

なぜ、利用者を限定しなければならないのか?

理由は三つあります。

 

まず一つめ。
勉強熱心なあなたはご存知のように、ノウハウやツールというのは、手に入れて実践する時期が早ければ早いほど、高い効果が得られます。日本全国すべての鈑金工場がこのホームページを手に入れて実践するようになれば、当然価値は下がります。つまり・・隣町のライバルが実践してからあなたが使っても、既にそのエリアの集客は、先行者が牛耳っているため、効果を出すのは難しいということです。

さらにいうと、先に契約してくれたお店のために、私はそのエリア周辺の鈑金修理を総取りするため、インターネット広告やフェイスブック広告などを駆使して、地域を定めてあらゆる施策を考えます。そのため、1社契約すると、その周辺のお店に利用して頂くことができません。フランチャイズのエリア制みたいなものでしょうか。

お店の規模も地域も関係なく、私たちは先に利用してくれた人のため、エリアを制限します。できれば、理想は1県に1社、そうでなくても主要都市に1社くらいの割合で、お互いのエリアが重ならないようにするつもりです。(先行者の鈑金工場さまが「この店にだけは導入しないで」という工場があれば、その約束も守ります。さらに、ライバル工場の集客手法を調査して対策も考えます。)

すでに契約しているお店の周辺では、近所のお店が利用したいといってもお断りすることになってしまいます。なんだか煽って契約を迫っているようにも聞こえてしまいますが、クライアントの先行者利益を守らなければならない関係上、ご利用頂けるお店は制限されます。つまり「早い者勝ち」ということです。

 

次に、二つめの理由。
私達は、数多くの鈑金工場と契約が取れれば良い・・・とは考えておりません。顧客のために良質な鈑金修理を提供できるお店と、共に成長するビジネスパートナーとして末永いお付き合いをしたいと思っています。単なるホームページ制作業者と鈑金修理工場との枠を超え、一緒に、あなたの地域の鈑金修理のシェアを高めることのできるビジネスパートナーを募集しています。つまり、利用いただけるお店は「まじめに正しく鈑金修理を行っているお店だけ」ということです。

悪徳店やお客さんとの良好な関係を目指さないお店にご利用頂くことはできません。私たちが想定する規模に達した時点で、今回の募集は停止させて頂きます。その場合、新たな募集は行わない予定です。(実際問題、少数精鋭の私たちは、既に契約している中古車販売店や整備工場、鈑金修理工場のインターネット集客をサポートするのに重きを置いているため、多くの新しいウェブサイトを構築することができないのが現実です)

 

最後に、三つめの理由をお話します。
たとえ決まりのデザインを使ったとしても、「あなたの工場はどのようなお店なのか?」という一番重要な部分については手を抜くことはできません。つまり、あなたと徹底的に議論して「ホームページであなたのお店をどのように説明するのか?」ということに関しては、多くの時間を割かなければならないのです。

そのため、このホームページの企画立案にはある程度の期間が必要です。

正直な所、1ヶ月に1社が限界です。月に1社もできないかもしれません。そのため、年間にオープンできるホームページの数は、どう考えても10社くらいが限界です。いや、そんなに無理です。年間にできるサイトの数は限りがあるので、場合によってはお待ちいただくかもしれません。「今すぐ来てすぐにホームページを公開してくれ!」というわけにはいきません。そのぶん、結果は満足していただけるとおもいます。

 

 

よくあるご質問にお応えします

ウェブサイトを構築するにあたり良く頂くご質問にお答えいたします。他にご質問がございましたら、お問い合わせ下さい。

お申込み後の流れはどうなりますか?

あなたの鈑金工場の経営状況や緊急度により若干変わりますが、概ね以下の通りになります。
・このページからお申し込みください。(ご利用の意思表示)
・契約書及び初期製作料金請求書の郵送(事務手続き)
・訪問日等の日程調整(訪問日時調整)
・訪問(コンテンツ制作業務)
・制作(私たちの制作業務)
「契約前に一度会って話がしたい」という方には、一度東京でご面会することもあります。訪問当日に行うことを事前に打ち合わせすることができますのでスムースです。遠方の方は、主要ターミナル駅や空港で初顔合わせになりますが、実はこのパターンが一番多いです。北は北海道から南は鹿児島まで訪問していますので、どこにお住いの方でもOKです。

ホームページ制作の訪問はいつ頃ですか?

訪問日に関しましては、お申込みとご契約及び制作料金のご入金を頂き次第、スケジュールを決めてお伺いしています。スケジュール次第ですが、最短お申し込みから半月後位でしょうか。当日は、工場の現状や悩みなどのご相談を伺いながらホームページの構成等について議論し、サイトの制作に関するミーティングを行います。当日は通常業務を継続的に行うことは難しくなりますので、経営者もしくはご責任者の方は、当日のアポイントは原則できるだけ行わないようご協力をお願い致します。

ホームページ制作時は何をするのですか?

あなたの工場の内情や魅力、お客さんに伝えたいことについて、何をどのような順番で書いてお客様に工場のことをどのように伝えるのか?を一緒に議論します。工場の写真撮影や職人さんの写真撮影なども行ないますので、工場や店舗は整理整頓しておいてください。(なにより、鈑金塗装の職人さんに写真撮影のご協力を頂けるよう、事前によくお話し頂ければと思います・・)

オープンまでどのくらい時間がかかりますか?

上の方に書いてあるとおりですが、正直なところ、このウェブサイトの制作はある程度の時間がかかります。いったい何に時間がかかるのかというと、お店のコンテンツ、つまり「あなたの鈑金工場の魅力をどう説明するか?」です。その構成や順序については私と共同で行いますが、「なぜあなたが鈑金工場経営の道を志したのか?など、あなたの生い立ちから語る必要があるかもしれません。あなたの生い立ちやあなたが鈑金塗装を目指した理由みたいなものは、あなたしかわからない部分だからです。そのようなコンテンツを一緒に考える時間が必要です。それさえできれば、構成に1ヶ月、デザインとコーディングに1ヶ月、最後データベース接続に1ヶ月弱でオープンにこぎつけます。

契約の内容はどのようなものですか?

私達は、このウェブサイトを使ってくれるクライアントさんと一緒に成長していくことを第一に考えていて、長期にわたるサポートを行っています。そのため契約内容は「業務提携契約」という概念に基づいた契約を行っています。私達がウェブサイトを作らせて頂く基準はただひとつ「お客様のために誠実に鈑金修理を行なっている会社かどうか」それだけです。そういうお店とだけ契約していますのであまり聞かれることはありませんが、途中で契約を終了する場合は3ヶ月前通知です。

「1人で経営している小さなお店なのですが」・「整備工場やガソリンスタンドで鈑金塗装もやっているのですが」・「すご~く田舎なのですが」 大丈夫でしょうか?

大丈夫です。一番大事なのは「お客様に対して誠実であるかどうか?」です。小さいお店も大きいお店も、中古車販売店も整備工場もガソリンスタンドも、北海道から九州まで訪問してホームページを立ち上げています。例えば、クルマを売っている中古車販売店や整備工場が運営している鈑金塗装部門を強化する。というような場合も良いと思います。まわりにお客さんがいれば問題ありません。伺ってみると、お店のまわりが畑だった。ということは結構あります。

集客アドバイスなどを教えていただきたいのですが

ホームページは集客のきっかけであり、その後は当然ながらお店のフォローアップが大事です。極論を言うと、インターネットなど使わなくても大丈夫なお店を目指します。お店のブランディングから接客・メール対応・アフターフォロー・顧客管理・車検受注のTELコール・チラシ・DM・店舗移転・新規事業立ち上げ相談。ホームページ制作会社の範疇を超えています。

 

 

 


 

10年後も残る鈑金工場をサポートしたい

私は、パートナーになったお店に最初に訪問してヒアリングを開始する際、必ず聞くことがあります。それは「この鈑金工場をどうしたいのですか?」ということです。 私が「この鈑金工場をどうしたいのですか?」と聞くと、大抵の経営者は「なかなかしんどいねぇ」とか、「もうだめかもわからんね」(笑)とかおっしゃる方が多く、あいまいな回答がほとんどです。

私は15年以上前から数多くの中古車店や整備工場、鈑金工場の内情を見ています。ディーラー時代までさかのぼると、数えきれないお店の内情を知っています。そんな中でも、お店のお客さんが増えない理由の一つは「明確な顧客増加の目標を持っていない」ことです。ホームページ制作のためにお店の状況を伺うと、私にはそのお店が今後10年20年と生き残るために必要なお客さんの数が見えてきます。そしてそれは、大抵の場合足りていません。

 

特に下請けだけでやっている工場は危険です。その目標となるお客さんの数はお店によってまちまちですが、「俺は何年までにお客さんの数を○○○名にする!」と明確な目標を定めることで、これからやらなければならないことが見えてくるのです。元請け先を増やすという方法もありますが、私はこれからの時代、鈑金工場も個人客を集めて経営基盤を安定化することが大事だと考えています。

 

「鈑金工場専門のホームページ作ります!」と言っておいてこんなことを言うのは気が引けますが、この不確実な世の中において、あなたの鈑金工場を10年、20年と継続させるためには、良いホームページでもなんでもなく「お客さん」が必要です。お客さんさえいれば、正直ホームページなんて必要ありません。お客さんさえいれば、あなたの商売は、鈑金修理から派生した注文販売や車検整備、コーティングなどの自動車ビジネス全般で利益を生み出し、10年後も存在することができるのです。 その、個人のお客さんを増やすための決断を、いま、この場でして欲しいのです。

 

 

こんなに長い手紙を読み進めてきたあなたは、きっと自分の鈑金工場を良くしようと真剣に考えている人だとおもいます。私達の元には、あなたと同じように真剣に自分のお店を良くしようと考えている仲間がたくさんいます。

あとは、あなたが自分を信じて決断するだけです。

 

その決断をするための費用は、決して高い金額ではないとおもいます。

今すぐ、下のボタンをクリックして、あなたの決断を私に知らせて下さい。

あなたと一緒に、ホームページを活用して鈑金入庫台数が増えたことを喜ぶ日が来ることを楽しみにしています。

 

有限会社デジタル・コンバージェンス

 

 


 

追伸

私からあなたへの、この長い手紙を読んで頂きありがとうございます。

最後に、私からのメッセージをお伝えして、この手紙を終わりにしたいとおもいます。

 

私はこの手紙で、

あなたに実際に成果が実証された

鈑金工場専門のホームページの提案をしています。

 

そのための費用についてもすでに説明しました。

即決断するもしないもあなたの自由です。

 

 

しかし、、

もし決断しなかったとしたら・・・

あなたの鈑金修理工場はどうなりますか?

 

きっと、今までと同じです。

昨日と同じ明日が来るだけです。

 

つまりは現状維持です。

今までと変わらない日常です。

 

 

しかし、

これからの時代、

本当に現状維持ができるでしょうか?

 

現在の鈑金工場の取り巻く環境をみてみると、

私は、とても現状を維持できるとは思えません。

 

 

 

ホームページ集客をやるなら、いまこの時期しか無い

逆に考えると、鈑金工場は、ホームページに力を入れてウェブマーケティングを行っている鈑金工場が少ないのです。今でもまだ手作りで、とりあえず作ったホームページばかりの鈑金工場が多い中、あなたがこのホームページを手に入れると、すぐに結果に繋がる可能性があります。競合が少ないぶん、地域の鈑金修理を総取りできる可能性があるわけです。

今が、最後のチャンスだと思います。

先に始めたほうが有利なのです。

 

ぜひ、一緒にチャレンジしましょう。

私は、そんなあなたの決断を歓迎します。


ホームページ制作お申し込み