レンタカー ホームページ制作のテクニックとは?

レンタカーホームページ制作

レンタカーのホームページ制作のコツ

あなたは、レンタカーのホームページ制作のキモはどこにあると思いますか?

キレイなデザインのホームページでしょうか。デザイン云々より、検索結果で上位に表示すれば良いでしょうか。内容を充実させて、新設丁寧なスタッフの様子を魅せることでしょうか。それともやはり、レンタカーは立地や価格が大切なのでしょうか。もちろん、そのようなことも大事だと思います。素敵なデザインの、魅力的なコンテンツや写真を使うことで、レンタカーのホームページは良くなると思います。一方私たちは、違う視点でレンタカー会社のホームページを制作しています。それは、レンタカーのホームページから予約ができるかどうか?という視点で、レンタカーの予約サイトを構築しています。

 

レンタカーのホームページは予約ができると強い

もしあなたが、今週末に飛行機に搭乗して出かけるとして、深夜にJALやANAのホームページを閲覧したとしましょう。○月○日の○○便の予約状況を見た時、そのページが「申し込みはお電話でお問い合わせください」と書いてあったとしたら?その瞬間予約する気が失せませんか?

ホームページの大事な役割の一つに「24時間あなたの代わりに働いてくれること」があげられます。あなたがクルマの販売をしていても、陸運局にクルマを登録に行っていても、飲みに行っていても、自宅で寝ていても、24時間セールスをしてくれて、あなたのお店の魅力を伝えてくれて、どんなレンタカーがいくらで借りれるのかを説明してくれて、どのレンタカーに空きがあるのかをリアルタイムで教えてくれて、そして予約ができる。これこそが、レンタカーのホームページを制作する目的だと思うのです。

 

予約ができるレンタカーホームページ

こんな感じでレンタカーの予約が1台1台できるのが、私たち中古レンタカー予約サイトの魅力です。飛行機が○○便の座席番号○○Aと、席まで選べて予約できるように、中古レンタカーも、クルマを選べて予約できた方が安心できると思いませんか?

レンタカーホームページ制作

 

このホームページは、実はすべてのレンタカー会社には向きません。中古レンタカーを扱っている会社にだけ使って頂けるレンタカー予約サイトなのです。レンタカーを車両クラスで管理していて、どのクルマがあてがわれるかわからないタイプのレンタカー会社には向きません。車両も数台から数十台まで、それでいて1台1台車の状態が違うような、格安レンタカーであったり、スポーツカー専門であったり、わかりやすい例でいうとキャンピングカーを貸し出しているようなレンタカー会社に最適なウェブサービスです。

 

クルマを指定して貸す恐怖がありますか?

よく言われるのですが「クルマを選択させて貸すっていう所がどうもね・・」という経営者の方がいらっしゃるのですが、実はこれ普段は意識することなく、行なっていることです。あなたはお客さんに代車を貸す際、「このタントとこのミラ、2台あありますがどちらが良いですか?」なんて、お客さんに車種を選んでもらったり、お客さんから「ワンボックス無い?」なんて指定を受けたたことがあると思います。あまりにも一瞬のことなのであまり意識はしていないと思いますが、クルマを貸す際には、お客さんと車種を選定することがあると思うのです。

 

そんな感じで、実は現場では良く行われているこの車種選定を、単にホームページ上でお客さんに行なってもらうだけの話です。お客さんとは面白いもので、狙った車に空きが無ければ待ってくれますし、日付を変更してくれるものです。(飛行機や新幹線を予約するときでもそうでしょう?乗りたい新幹線の窓側が空いていなければ、違う席にしたり出発を後らせたりするじゃないですか。同じことを、レンタカー予約サイトの中でやってくれるのです。)

 

こんな、車ごとに予約ができるレンタカーの予約ページは、ちょっと普通のウェブ制作会社ではできません。相当なプログラムが必要になるからです。もしあなたがこのレンタカー予約ができるホームページを使ってくれたら?リーズナブルにウェブ予約機能が手に入るのです。とっても面白いレンタカー予約サイトです。

アイディアが色々と湧き出てきませんか?